読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外出が億劫

日記とか忘備録とか。

イラストレーターごっこをした

自分で創作したオリジナルキャラクターを動かすタイプのゲームでの話。ゲーム内通過を受け取り、対価としてイラストを渡した。
海外のコミッションみたいなイメージだったけど、相手がどこかで使う前提なのでけっこう違うかもしれない。特に権利系。
とりあえず2回くらいやってみたので、その感想文。

受け取ったもの

現金ではなくゲーム内通貨のみ。
全額先払いで、ゲームでありがちな持逃げリスクは全て相手側にかぶってもらうことにした。
とはいえ、こちらは匿名ではなくゲーム内のコミュニティでそれなりに発言しているアカウントだしプレイ履歴を見てもらえばそこそこやりこんでいることは見えただろうから、相手側からすれば持逃げリスクはそう高くなかったのではないかと思う。思いたい。

金額は1日分のゲーム内リソースを全部使えば稼げるくらいにした。ソシャゲでいうスタミナが存在するゲームだったので、最大回復状態から空っぽまでを2、3回繰り返して得られる程度。プレイ時間ベースだと30分〜1時間ぶんくらい。
これが安いか高いかは人によるのだろうが、自分としては相当に安いつもりで設定した。

取引自体はゲーム内でお店を開けるのでそのシステムを利用した。
クズアイテムの説明文に「これを買った人のキャラを描きます」と書いた上で高めの値段で並べる。購入した人を特定できるシステムだったので、そこからたどって個別に連絡をとった。

やりとりの流れ

クズアイテムが売れた事を確認後、購入者に連絡をとりキャラクターの詳細を確認。ラフを書いて提出・確認してもらい、問題無いと言ってもらえたら清書。
最終成果物を渡してお別れ。
確かそれぞれ2,3週間で一通りの流れが終了した。 1枚の絵に時間をかけすぎといえばその通りかもしれないが、あくまで趣味の一環として行なっていること、完成はいつになるかわからないので急ぎであれば購入しないでほしいという点を事前に書いておいたお陰か単にいい人に当たったのか、喜んでもらえたと思う。

気になった点としては最初のキャラクター詳細の確認するところで、これが難しかった。
文字情報だけをもらってキャラクターデザインをするが、こちらとしては「金髪碧眼の女の子」より「猫耳金髪碧眼の盗賊少女」のほうが、できれば「猫耳金髪碧眼の盗賊少女、16歳。日焼けしてていたずらっ子っぽい雰囲気。金髪のショートヘア、目は青。ジョブが盗賊なので動きやすい服装、でもスカートがいい。貧乳。尻尾あり」のほうがやりやすい。
でもうまくヒアリングできなくて、髪の色目の色年齢くらいしか拾えなかった。
結局もらった情報を前提に、相手のキャラクターのステータスを参考にして描く事にした。タンカービルドっぽいからむっちりした子かなー、という感じ。

ここは次があればもうすこし改善したい。ヒアリング項目を増やして「ツインテール、華奢、猫目、金髪……」と細かく特徴を挙げてもらうのも有効だけど、「いたずらっ子」や「お嬢様」のように全体としての雰囲気を表してもらうのも大事だと感じた。
しかしここで相手に負担をかけすぎるわけにもいかないし、バランスが悩ましい。ヒアリング難しいね。

権利問題

著作権は放棄しないが当人であれば一切の利用を制限しないことを明記した。
具体的には該当ゲーム内での使用はもちろん、外部サービスでの使用、他のゲームへの持ち出し、加工、他のイラストへの取り込み、再配布、商用利用など全て可とした。
実際のやられるかどうかはともかく、渡したイラストをlineスタンプにされること、どっかのソシャゲに流用されること、印刷してグッズを作って売られること、アフィサイトに転載、pixiv等に投稿される、あたりまでは覚悟の上なので文句を言うつもりはない。
もともとオーダーメイド品で相手のためだけに描いたものだし、キャラクターの原型を相手に作ってもらっている以上、必ずしも自分だけの創作物とは言い切れないと思うので。あと単純に、対応がめんどくさいので全部好きにしてくれ、と言ってしまったほうが気が楽だ。
都度確認してくれ、というのも有効だとは思うが自分自身いつまでこのゲームを続けるかわからないので、自分と連絡がつかなくなった後に相手が不自由を感じない方法となるとこのくらいしか思いつかなかった。

面白かったこと

購入者が確認可能な場所に「わざわざアイテムを買わなくても個別に連絡をくれれば描く」旨も書いておいたんだけど、個別に連絡をくれた人はおらずアイテムは二つ売れた。極端に高い値段に設定したわけではないし、見知らぬ相手にいきなり連絡をとるより購入したほうが楽だったんだと思う。
少額であっても支払いをしたほうが「依頼相手に一方的に迷惑をかけている感」がなくて良いと感じた。

権利問題は以前に自分が困った事があったので、かなり明瞭かつ緩くしてみたがそれでも確認はされた。
人に自分のキャラクターを描いてもらった後、無関係な場で公開してもいいのか?相手と連絡がつかなくなったらどう扱えばいいのか?というのは結構よくある問題だと思うので、もう少しスタンスを明確にする文化が一般的になってほしい。

総評としては

貴重な体験ができたと思う。リアル円に換算すると10円とか100円程度の対価でも、何かを受け取って相手の希望を汲んで絵を描くのは面白かった。
でも継続的にこの金額で請け負うのはモチベーション的に厳しいし、この対価がゲーム内で一般的になっても困る(ゲーム内の感覚で言ってもかなり安い部類)ので、当分は控える。今回も半分くらいは普段お世話になっているゲーム内コミュニティに対する還元活動のつもりだったので、次があればもう少しはマトモな金額でやると思う。ゲーム内リソース2週間分とか、そのくらいで。

でも次は是非依頼側でやってみたい。2,3000円くらいから立ち絵を請け負っている人もいて、その金額で大丈夫なのかと不安になるんだけど一度相談してみたい。